スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最遊記RELOAD10話

2006/12/30 23:07
久しぶりにいい宿に泊まった三蔵ご一行、そこで悟空は悟浄と八戒に三蔵が妖怪になるかもしれない・・とからかわれる。
でもそれを悟空は本当だと勘違いして!?

という話だったのですが・・・
冒頭から4人のサウナシーン、八戒…もとい石田さんのちょっと荒い吐息がすっごく色っぽくてどきどきしてしまいましたvv(´∀`)
熱出したときの八戒もすごかったけど今回もかなりきましたね!(゜∀゜)笑


アニメの最遊記は絵がよく崩れるので微妙なのですが、やっぱり声優さんが豪華でいいなぁ♪
平田さんも関さんも石田さんも大好きなのでついつい見ちゃうんですよねvv(あれ?保志さんは?)
保志さんの悟空はなんていうか私的に…微妙。(コラ!
ドラマCDで岡野さんが演じられた悟空のほうが演技が自然で上手い気がするんですよねー
というか八百鼡ちゃんかわいいvvあの声はかなり癒されます♪
皆口裕子さん万歳!!(ぇ




さてさて、更新のほうですがお正月にはリク小説をupできると思います。
もう少しお待ち下さいねー!時神さま。

スポンサーサイト

第2話 婚約 【後編1】

2006/12/30 18:50




寝室の扉が閉められると、キラは今気付いたかのようにふと視線をドアに移し楽しげに言う。

「カガリの侍女はいつ見ても面白いね。
かわいくて、賢くて、個性的で…勘がとてもいい。好みだな。」

「話を逸らすな、キラ!一体…どういうつもりだ?」

「どういうつもりって?」

おどけた調子のキラにカガリは怒りを募らせながらも口を開く。

「ふざけるなっ!!勝手に私とお父様の話を盗み聞きしておいてっ…!」

「知ってたよ。」

静かに言われた言葉にカガリははっとなる。

「…なんだと?」

「君がザフトの君と婚約する話、実は結構前からあったんだ。」

「それならなんで…!」

「なんでカガリに教えなかったって?ウズミ様や父上に止められていたからだよ。
そんなことも分からないの?馬鹿だな、カガリ。」

嘲笑ともとれる表情で吐き捨てるような声で言うキラにカガリは内心ショックを受ける。
しかしその気持ちを隠し、押し殺した声で言った。

「なんだとっ!?もう1回言ってみろ…」

「何度でも、君が望むなら。」

ふざけたようなキラの返事にカガリは頬に熱が上がってくるのを感じる。
完全になめられているのを感じ、カガリは思わず拳を振り上げてキラの頬目掛けて振り下ろそうとする。

「…っ!ふざけるなっ!!!」

しかし、いくら高く拳を振り上げて怒鳴っても、怒りの表情を向けても、
キラは張り付いたような笑顔を決して崩すことはなく、カガリの手を払いのけようともしない。
手ごたえのないキラを目の前にし、カガリは気が抜けるのを感じた。

ため息をついて額に手を当てる。
目を閉じて少しの間自分の言ったことを思い返す。



少し私も取り乱しすぎたか…


そう反省しつつカガリは目を開け、キラを正面から見つめる。
すると、キラはさっきまでのどこか不快な笑顔は消し、暗い表情をしていた。

こんな表情をキラがすることはとても目面しいので、カガリは目を見開いて驚く。
いつもへらへら笑って(カガリにはそう見える)なんでもそつなくこなし、女の子を誑かしているキラ。
そんな彼がまるで口を閉じた貝のように静かだ。
先程までのキラの行動にカガリは疑問を感じ、いつものとは違い、情けない表情のキラに呆れた顔で問う。
しかし、その声音は限りなく優しいものだった。


「今日のキラおかしいぞ。何かあったのか?」



こんな時でも自分を気遣ってくれるカガリが愛おしくも憎らしい。
混ざる気持ちに心地よさと不快さを感じながらキラはぐらかすように返事を返す。

「何もないけど?それよりカガリ、カガリはなんでこの婚約に反対なの?」

「えっ!な、なんでって…それは!」

「それは?」

どもるカガリを促すように言うキラの目はなぜか不思議に思う程熱が篭っていてカガリは一瞬息を呑む。
なぜこんな目をして自分を見つめるのかさっぱり分からないカガリは内心首を傾げながらも答える。

「私はもうお父様に…いや、人に何もかも決められる人生は嫌なんだ!自由に生きたい。」

そう懇願するように言うカガリの瞳はただただ真っ直ぐで、そしてとても幼かった。
キラはそんなカガリをしばらく見つめると急に笑い出す。
お腹を抱えて小さく笑うキラにカガリは苛ついてくるのを感じ、むくれた顔をする。
そんな彼女は実年齢よりずっと幼く見えた。

「なんだよっ!何か文句でも…」

「カガリは自分が…いや、なんでもない。それより…」

途中まで言いかけてキラは話題を変える。
それは隠し事や中途半端なことが嫌いなカガリには耐えられないことだった。
カガリは思わずキラの腕を掴んで言う。

「なんだよ!言いたいことがあるならはっきりしろ!」

「いいんだ…もう。それより、本当にそれだけなの?」

そう小さく言うキラの目は先程と少し違った。
先程のような熱はなく、どこか諦めたような…そんな表情。
だがそんなキラの表情にカガリは気付かず、キラの腕を軽く揺すり、続きを促す。

「私の問いに答え…!」

言いかけてカガリは口を噤んだ。


否。


噤まなければいけなかった。





なぜなら言いかけた瞬間、目の前の世界が反転したから。





コードギアスの新OP&ED

2006/12/29 22:16
変わるらしいですねーギアスのOP&ED・・
今のOP&EDの曲と画像が大好きな私は「変えるの早いよ!!(`д´;)」と叫びたいところでしたが、新しい歌を聴かずに決め付けるのはいかん②と思い、聞いてみました。


……やっぱり変えないほうがいいと思いました。(ぇ)


新OPを歌うのはジン。BLOOD+で最終クルーのOPを歌ったグループです。
BLOODのOPの『雷音』は私も結構好きだったのですが、今回の歌はちょっとあまり好きになれそうにもな・・(殴)
なんというかFLOWの歌がよすぎた、というか・・FLOWのあのさわやかさ、突き抜けた感じがギアスにあまりにも合っていたというか。
逆にジンの歌はなんかギアスとかみ合っていない感じ。


一方新EDを歌うのはSun Set Swish。BLEACHでEDを歌っていたこともあるグループです。
こちらはなんというか・・ぱっとしない?感じかな!(゜∀゜)←コラ!
まぁあの勇侠青春謳の後ですからどんな歌もそりゃ霞むよ、というか・・(苦笑)
あの歌は本当に色んな意味で最強だと思うので。
あの独特の耳に残る、何かを掻き立てられるメロディー・・もう大好きvv(ぇ)
あとあのEDの絵も凄く好きだったんです。CLAMPの味が染み出てるという感じのあの絵。



あぁ・・いつ変わるんだろう新OP&ED。
やっぱり変わってほしくないなぁ・・(´з`;)

第2話 婚約 【中編】

2006/12/29 21:27

「カガリ、ウズミ様が呼んでるよ。話の続きをしようって。」

そう囁かれた声は若く、まだ少年の域を超えてはいないようだ。
少し高めだが、甘くよく通る声とそれに合うどこかかわいらしいその顔は
年頃の娘だけとはいわず、女性すべてを虜にしてしまいそうなものだった。

ふとミリアリアが横を見ると、今にも溶けてしまいそうなしまりのない顔をしたアサギたちの姿が。



(全く……いつも見てる顔じゃない)


ミリアリアが呆れた表情を隠そうともせずに胸の内でそんなことを思っていると、
そんなぽやっとした空気を一気に吹き飛ばす勢いでカガリは半ば叫ぶようにして言った。


「嫌だっ!!私はお父様が私の要求を聞いて下さらない限り…
ここから絶対出ないからなっ!!」

そんなただただ頑ななカガリの態度にキラは薄く微笑み、余裕の表情で答える。

「カガリ、それはいくらなんでも無理じゃあ…
それに、せっかくカガリが威勢のいい声出しても布団の中からじゃあ響かないから全く怖くないよ?」

「うっ、うるさいっ!!冷静に突っ込むな!!」

「全く…ウズミ様の話の途中で逃げ出すなんて。
そんなこと堂々とできるのはカガリくらいだよね。」

そうやって何かを揶揄するように笑うキラは、どこかいつもと様子が違う。
見た目は笑顔を装ってはいるが、本当に笑ってはいない。
そんな表情であった。



…やはり何かあった?

そうミリアリアが思った瞬間、キラは耳を疑うような言葉を発した。

「まぁ…この前まで敵だった『ザフトの王子との婚約を決めた』なんて、
いきなり言われたら仕方ないか。」

「婚約!??!」

何気ない話をするのと同じ調子で言われたキラの言葉に、ミリアリア達は目を見開いて驚く。
慌ててカガリほうを見遣ると、カガリはいつの間にかベッドから抜け出し、キラを睨んでいた。
それはいつもならありえない位の鋭い怒りの視線。

キラはそんなカガリの視線を少しも怯むことなく真正面から受け止め、薄い微笑を崩さない。

2人がしばらくお互いを見詰め合った後、カガリはキラから目線を逸らさぬまま、ミリアリア達に声をかけた。

「…少しの間だけ2人にしてくれ。」

「でも姫様…!」

マユラが言うが、ミリアリアの手に阻まれて黙る。
痛い程の緊張の中、ミリアリアは冷静な口調で言う。

「はい、分かりました。何かありましたらすぐにお呼び下さい。」

「でっ、でも!ミリアリア様!!」

「アサギ、行くわよ。」

有無を言わさないミリアリアの態度にアサギは俯く。

「…はい。」

「それでは失礼致します。ごゆっくり。」

ミリアリアは目を細めてキラを一瞬見た後、扉を閉める。
その手つきはやけに丁寧だった。

ふぁ・・

2006/12/29 03:43
さっきまで年賀状書いてましたー(´∀`)
10枚くらい・・?全部手書きで。(ゲフッ;

やっぱりすべて手書きって疲れるなぁ・・(´Å`;)
自分が貰ったら嬉しいんですけどね。反対にあまりにもパソコンに頼ってるものだとちょっと微妙だったり。
一行くらい何か書いてよー!(`д´;)笑
まぁとりあえず絵を描く年賀状はすべて済ませたのであとは結構すぐすみそうです♪(´∀`)


そういえば、この前あのメンバーでカラオケに行ってきましたyo!
残念ながらうぐいすさんはお休みだったのですが(´∀`;)
というかね、今回はなんていうか凄かったです。
何ってみんなのテンションが!
まぁみんなが歌う中身が一段と激しかったのが原因なのですが。(笑)
キャラソンとアニメの主題歌の往来。
ノーマルな歌歌ったのって・・耀さんくらい?(すでに色々終わってます)

私が特に大爆笑したのがあややぁの『チャームポイントは泣きぼくろ』の替え歌。
あれはもう笑い死ぬかと思いました・・!っていうか思い出しただけで噴出すってあれは!!!笑
あと、撫子さんの眼鏡'sも聞くのは2回目なのに駄目でした。
あれを聞いてどうこらえろと!?(`д´;)キシャー!!!(笑)

ちなみに私は↓こんな歌歌いましたYO!

・ひぐらしのなく頃に
・一色
・ハレ晴れユカイ
・冒険でしょでしょ
・桜キッス
・19才
・COLORS
・残酷な天使のテーゼ

…とか?(あんまり自分のこと覚えてない人)
あとはあまりにも他のメンバーの歌の印象が強すぎて。。(ぇ)

それにしても今回は風邪をひいていて自分ではあまり歌えなかったのがちょっと残念。
桜キッスとかひどかったなぁ・・・(汗)
でもハレ晴れユカイは歌ってて妙に楽しかった♪笑
あの歌は本当に好きですv聞いているとどんなときでも元気になる感じがして♪



とにかくとっても楽しかったってことです!
みんなまた行こうね~!(´∀`)vv


stage08 黒 の 騎士団

2006/12/27 00:20
さっきまで寝てました・・くまです。
ずっとこの2日間くらい4時くらいまでエレメンタルジェレイド見てたので・・実は疲れてたのか私!(ぇ



そして②肝心のコードギアス8話感想ですが、
舞台は学校じゃなかったのですね~(当たり前)
というかうすうすそうじゃないかと思ってたけどコーネリアってユフィのこと溺愛してたのか・・
それにしてもちっちゃいときの2人、かわいかった~~vv
いつもあんな風に笑ってればいいのに。コーネリア。

そして今回の目玉(?)はなんといっても題にもなっている『黒の騎士団』ですね!
ルルの最後の演説は聴いててわくわくしちゃいました。
こういう人を操る発言って聴いてて楽しい♪
SEEDでもねぇ・・議長の演説とかミーアの演説とかこのくらいわくわくさせてくれるレベル(なんというかもっと分かりやすいの)のことを喋ってほしかったのですが・・
まぁあの人の脚本じゃさらさら無理だよね。(ため息)
多分アスキラとキララクをいかに格好よく活躍させるのかしか頭にないんですよね、あの人って。(笑)←怖いって!(゜◆゜;)
その度にどんどんSEED見るのが憂鬱になってくるキラとラクス以外のファン、無印種アスランファンのこともちょっとは考えてくれよ・・!!

それにしてもユフィのあの行動にはちょっと感動しちゃいました。
しかもあの状況でニーナを気にかけるなんて優しいなぁv
でもあそこで名前を挙げるのはいいとして、飛び降りさせられた人が連れて行かれたときは無視したのか・・とそんなことに気がついてちょっと青くなりました。(ヒィ
メインキャラしか助けないユフィ・・(´∀`)でも好きだ!笑
あのピンクの髪見ていつも最恐腹黒女帝ラクスを思い出すような気がするのですけれども(笑)
なんにせよ、これからユフィに対してルルがどんな行動をとっていくのか楽しみです。


今回のスザクはちょっと一人で空回っている感じが・・(´Å`;)
でも生徒会のみんなを助けようと自分の身も省みずに突っ込んでいく姿はやっぱりかっこいいしかわいかったなぁ。
「僕はまた・・救えなかった・・!」と言っていましたが何があったのでしょうか?
それも気になるところです。




あぁ続きが早く見たい・・!(ジタバタ ア○マックスだと4話(くらい)遅れてるので何気に話についていき辛いのです(´з`;)
あ・でもここ→http://character.biglobe.ne.jp/geass/で明日の10時~1月5日まで11話が無料放配信されるらしいのでちょっと今から楽しみにしています♪
見てない方や見逃してしまった方はぜひ見てみて下さい!(゜∀゜)
コードギアスは本当に面白いので。

エレメンタルジェレイド

2006/12/26 01:01
今エレメンタルジェレイドを見ながらこれを書いているのですが…

ローウェン・・「気持ちは分かりますが・・!///」って!!!爆
そんなこと言ってる場合かコラ―っ!!!(`д´;)っていうか分かるの!?クーがレンを襲うその気持ちが!?笑


このエレメンタルジェレイドの主人公、クーは普通の主人公にありがちな活発でちょっと抜けてて、でもかっこかわいいっていうキャラなのですが、
それを石田さんが演じられている・・っていうのはかなり目面しいですよね!
いつもだいたいクールな役とか皮肉ってる役とか優男っぽいキャラで脇役だけど濃い役(おいしい役?)が圧倒的に多いので。
それに最初はちょっと私も違和感を感じざるをえなかったです。
まぁ18話目となるとさすがに慣れましたが♪(゜∀゜)
いや、むしろ石田さんじゃないと嫌だと思うくらいに馴染んじゃいました。(笑)


それにしてもエレメンタルジェレイドのキャラはみんな好きだ!(いきなり宣言!?Σ(゜■゜;)
クーとレン、ローウェンとキーアのカップルとコンビは特に好きですvv
あとシスカとローウェンのコンビも好きだな♪あとレンとクーとフィルとの三角関係も凄く見てて面白い!
でも面白い上にこの関係はどろどろだからそこがまた素敵なんですよーv昼どらのようで!笑
でもあまりにも女の子の気持ちが分からないクーにはちょっといらいらするけど(笑)


あと8話しか見れないのかと思うとちょっと残念だなぁ・・(´Å`;)
クーの声、常にハイテンションなアスランみたいで面白かったのに・・(ぇ



stage07 コーネリア を 撃て

2006/12/25 00:50
「僕はくま」を聴きながら「個人」と「国家」について小論文書いていたら…
「人権の主体としてのくま」
と書きかけました。
つか『人権の主体としてのくま』ってなんだ・・!笑

そんなこんなでこんばんわ!(゜∀゜)くまです。
実はうちのパソが戻ってきたので今はコードギアス見ながらこたつでこれかいてます。
7000円かかりましたが・・まぁ年越す前に戻ってきたことだし、よしとしよう・・かな?←やっぱチョット痛い人 な、なんていったってクリスマス(*イブ)だしネ♪(無理やり)



んで、肝心(?)のコードギアスの7話感想ですが・・

なんていうかルルーシュもシャーリーもスザクもカレンもかわいいなぁもうvv(ほかに言うことはないのか)

意外とシャーリーとスザクのカップルはいけることが判明!
なんか凄く理想の穏やかほんわかカップルになりそうv
シャーリーにはルルよりスザクがあってると思うよーな・・ルルと一緒だとシャーリー振り回されてばっかりだしなぁ。
でもそこも魅力なのかな・・と思ったり。女の子ってよく善人より悪人好きになるよね。(ぇ

それにしても今回のスザクは幸せそうでしたね。
セシルさんに勉強を教えてもらっただけでなく、おにぎり頂いたり(ジャム入りだけど)
シャーリー押し倒したり!
あ・でも猫に指噛まれてたよなぁ。。相変わらず動物には嫌われるのか・・!


それにしてもルルーシュのあの焦っているシーンは見ていてこっちもはらはらどきどきしたyo!(´Å`;)
そして②・・コーネリア姉さん強すぎです(汗)
ってかはっきりいって怖い!;そんなんだから嫁にいきおくれるんd・・(殴)
というかルルは以外と短気というか単純というかなんというかな感じですねー
まぁそこがあるからこそ可愛いんだけど(笑)

あとは・・そうオレンジ
また笑わせてくれましたね~この人は!笑
とりあえずもうちょっと周りを見ようよって感じでした。
まぁお坊ちゃんっぽいもんなぁ・・(´∀`)仕方ない!
もうこの人は苛められてなんぼだと思うことにしよう!笑



そして②次回予告ですが・・なにやら学校が危ないのかな??
ルルとスザクの対決が見れそうで楽しみだけど怖くもあるなぁ・・
とりあえず2人共がんばれー!(無責任だなオイΣ(゜■゜;)




第二話 婚約 【前編1】

2006/12/23 12:55
カガリの侍女、ミリアリアの朝は早い。
5時には起きて身支度をし、掃除を始める。
王女宮だけだとはいってもその広さは並大抵のものではない。
皇女宮中の侍女総動員で2時間掛けて掃除をすまし、アサギ達に指示を与え、
それからやっと自分の食事を軽くすます。
その後、カガリの着付け、食事の給仕、話相手などをする。

少しでもカガリ様が不満を感じることがないよう、
快適に過ごせるように働くのがミリアリアたちの仕事だ。
休むまもなく働き、気を配らなければいけないこの仕事は決して楽なものではない。
しかし、そんな苦労を上回るほどの幸せな時間がここにはあった。
それは周りの仲間や先輩や部下、
そして何よりミリアリアがお仕えしている張本人、カガリ様のおかげだった。


普通、王宮の中ともなるとどこか緊張した空気がいつでも漂っているものだ。
厳格さや崇高さ。普通の場所とはどこかとても違う所。

しかし、この皇女宮はそんなことは全くなく、
逆に常にどこからか笑い声が聴こえてくると言われているくらい平和なものだった。

空気は限りなく、ゆっくりと穏やかに流れた。
それはザフトとの戦いが始まっても同じことだった。
そして、その空気を作っている中心にいるのがカガリ様だった。


そんな一風変わったオーブの姫、カガリ様の性格を一言で言い表す言葉は天真爛漫、そして直向。
それがぴったりあてはまるお姫様なんてあまり想像できないだろうとは思うけれど…
これは本当なのだ。

16歳でこんな性格がぴったりという希少価値な私たちの姫はとても素敵な方だ。
『姫』という立場に気取ることは全くなく、何事にも一生懸命取り組む。
それは勉学であったり、剣術や乗馬であったりしたが、どれに対してもカガリ様は常に全力で取り組んでいた。

ひたすら貪欲に学ぼうとする姿勢。
そんなカガリ様の姿を見る度、私たちも頑張ろうと思えた。





でも




あの方が来られた瞬間、あの幸せな日々は終わりを告げたのだ。
ミリアリアは時折、そのことを思い出す。
あの、間違いなく幸福だったあの日々を…。





第2話 『 婚約 』【前編1】



「ここの掃除は終わったからアサギとマユラはベッドのほうをお願いね。」

隣の部屋にも聴こえるような大きいミリアリアの声がカガリの部屋に響く。
その声はいつにも増して張りがあった。

「分かりました!それにしても…まだジュリは帰って来ませんね。
そんなにウズミ様のお話長いのかな~?仕事が山積みなこんな時に…」

のん気なマユラの発言にミリアリアは軽く眉を顰めて咎める。

「何言ってるの!こんな時だからこそ2人分働きなさい!」

「は~い!分かってますよぅ。」

そんなミリアリアの叱責答えたアサギの声は怒られたのに妙に明るい。
これはもう1回鍛えなおした方がいいかな…

ミリアリアが真剣に考え出したその時、


バーンという大きな扉を開く音が部屋中に響いたかと思うと次の瞬間、
ベッドルームの方へと向かう大きな足音のようなものが聞こえ、
それに引き続いてアサギ達の憤慨の声が聞こえてきた。
何事かと思い、ミリアリアは慌ててベッドルームへと急ぐ。
すると…



「あ~もう!何するんですか姫様!
せっかく私達が頑張ってベッドメイキングしたのに~!!」

「そうですよっ!ひどいですっ」

「うるさいっ!とにかく私はここから出ないからなっ!!」

「…姫様…一体何してるんですか?」

ミリアリアが声を上げると、一瞬時が止まったかのように3人の動きが止まる。
するとアサギがミリアリアの方に目を向けたかと思うと、
駆け寄って抗議してきた。

「あっミリアリア様!聞いてくださいよぉ!カガリ様が…」

アサギが指差すその方向を見ると、
布団に包まり、完全な防御体制をとっているカガリの姿があった。
小さい頃からの馴染みの行動とはいえ、
あまりにも子供らしい姫の行動にミリアリアは内心苦笑しながらも優しく問う。

「どうしたんですか?
何かウズミ様に言われました?」

その言葉に一瞬びくっとしたカガリの様子を見て、
3人はまたか、とため息を零した。

「今日は何のことで怒られたんですか?」

「あっ!あれじゃない?
棕櫚の木に登って落ちそうになって大騒ぎになったことがばれたとか!」

「いや…来賓のお客様のご馳走をつまみ食いしたことじゃない?」

「お前ら…人のことなんだと思ってるんだよっ!」

あまりにも遠慮がないアサギの言葉にカガリは思わず布団から真っ赤な顔を出し、怒鳴った。

「だってどれも本当のことじゃないですか~」

「私はそんなことで怒られたりはしないぞ!!」

「もう不毛な争いは止めてください!
だから一体何があったんですか!?」


そうミリアリアが言った瞬間、カガリ顔は沈んだ表情になる。
それは普段のカガリから想像できない程暗い表情だった。
そんなカガリを見て、アサギとマユラも先程とはうって変わった真面目な表情になる。

「何が…あったんですか?」

ミリアリアが再び堅い声で聞くと、カガリは意を決したように口を開きかけた。
その時。



コンコン、とどこかいつもより性急なノックの音が響き、
続いてドアを開ける音がする。
その途端、その人物が来ることを恐れ、カガリはまたベッドの中に潜り込んでしまった。

なんの伺いをたてることもなくこの部屋に入って来られる人はあの方しかいない。

タイミングの悪さにミリアリアは本日何度目かのため息をつきながらもマユラに寝室のドアを開けるように指示をした。

すると、扉を開けた向こうに心配そうな顔のジュリと
予想通り、宰相の息子、キラの姿が見えた。





第1章 偽りの愛を、君に

2006/12/23 12:45
第1話 『 決意 』






「父上…今なんとおっしゃいました?」

広い謁見室に若い男の声が響く。
その声は困惑しきっており、それがこの国の王子の声だと思うと少し頼りない。
が、先程の王の言葉はいつも冷静なアスランを困惑させるには十分なものだった。

「だからオーブの姫との婚約を決めたと言ったのだ。」

王、パトリック・ザラは同じ言葉を繰り返すのを嫌い、少し眉を顰めつつそう返事を返す。


「待って下さい!それはオーブと同盟を結んだということですか!?
父上は…あの国を…オーブを許したとでも言うのですか!?」

アスランは激しい口調で問いただすようにして言う。
その表情は紛れもなく憎しみが滲み出ていた。


「早とちりするな!アスラン。
私はオーブを許したわけではない。」
憤慨の表情を浮かべながらパトリックは言う。

「…ではどういうことなんですか!?」

アスランの視線はまだ鋭い。


「オーブと我が国は長い間戦ってきた。
皆、国や家族を守る為に精一杯な。だが…」

パトリックはそこで一旦言葉と途切らせ、窓の外を見遣る。
その顔には濃い疲労の色が見えた。

「もう国民達は疲れきっている。反乱も起こる可能性も高くなってくるだろう。
すでに国民の生活を圧迫しているからな。
それに何よりオーブは資源が豊富だ。消耗戦となると…」

「そんなことは私も分かっています!
しかし、ここで引き、オーブの属国に成り下がるなど…
絶対にできません。」


短いが、鋭いほどの沈黙の時が2人の間に流れる。


「…それはお前の気持ちだけでの意見か?」

少しの昇順の後、アスランははっきりとパトリックの目を見据え、言葉を発する。

「いえ、私の気持ちだけではありません。
これがザフトの為だと、そう思ったからです。
もうあの国に…好き勝手にさせることなどあってはならないのですから。
もう2度とあんなことは…繰り返したくない。
国民にあんな思いは絶対にさせません。
私は…その為ならどんなことでもやるつもりです。」

そう言うアスランの瞳は危険なほど鋭い光を宿していた。

迷いなど一切ない碧の瞳とパトリックの瞳が正面からぶつかる。
ぴんと張り詰めた空気の中、アスランの喉が緊張のあまりごくりとなった時、パトリックはふいに笑みを浮かべる。
それはひどく満足そうで、どこか傲慢な笑みだった。

アスランは予想外の父親の反応に驚き、いぶかしむような表情をする。

「父上…?」

「その言葉を待っていたぞ、アスラン。
お前にはこれから重要な任務を果たしてもらう。
相当つらいものになるから覚悟しておけ。」

どこか楽しげに言うパトリックにアスランは困惑しきった顔をする。

「一体何の話ですか?」

「先程、オーブの姫との婚約を決めたと言っただろう?」

「はい。」

「それは本当の話だ。お前にはオーブの姫と結婚してもらう。」

「…しかしそれはっ!」

「まぁ待て。しかしそれは嘘のものだ。
お前はオーブの姫を…いや。オーブの国民を騙すんだ。
騙して、信用させて、惚れさせて、操れ。
そして内側からオーブを壊す。完全に…な。」

そう低く言うパトリックの顔は完全なる憎悪に満ちていて、
思わずアスランは悪寒を覚えた。

「それをお前にはやってもらう。
難しいとは思うが、お前ならできると私は信じている。
任せたぞ、アスラン。ザフトはお前に掛かっている。
これはもう『あんなこと』が二度と起こらないようにするためなのだ。
お前が失敗したら、また戦いが始まる。そして長引けばザフトは終わる。

失敗したら……命はないと思え。」

親とは思えないパトリックの辛辣な一言にアスランは一瞬、
心臓を鷲掴みされたような気になる。
が、そんな気持ちを押し隠し、ザフトのためと自分に言い聞かせ、決意に満ちた、だが静かに暗い声で返事を返す。

「はっ…!」



「目にもの見せてやる。待っていろ、ウズミめ…」



静かに勝利を夢見、オーブをあざ笑うパトリックの横でアスランは1人、静かに目を閉じた。


ザフトの為…その為なら俺はどんなことだってやり遂げる。
多少の犠牲も…仕方がないことだ。


そう強く思い、アスランは拳をギュッと握る。
次に目を見開いた時、アスランの心は決まっていた。
碧の瞳が鋭い光を帯びる。





オーブの姫には悪いが、騙されてもらおう。




代わりに極上の甘い、甘い虚の愛を君に。

登場人物説明

2006/12/23 12:43


◆アスラン・ザラ◆
オーブ隣国、ザフト国の王子。
頭脳明晰、武力端麗、おまけに超がつくほどの美少年。
藍色の髪に、エメラルド色の瞳をもつ。
女性に絶大な人気を誇り、『微笑みの貴公子』という愛称で呼ばれている。
性格は生真面目で、不器用。女性を大切にするフェミニスト。

◇カガリ・ユラ・アスハ◇
オーブ国の姫。金糸の髪と琥珀色の瞳をもつ少女。
通称『金の姫』。
明るくお転婆な性格で周りをよく混乱させているが、みんなから愛されて育った。
誰と接していても態度をあまり変えることがなく、侍女たちに人気。
母を生まれてすぐに亡くしている。

◆キラ・ヤマト◆
オーブ宰相の息子で、カガリとは親戚の関係にあたる。
小さい頃からカガリを傍で見守ってきた。
女好きを装ってはいるが、カガリが本命。
栗色の髪に、アメジスト色の瞳をもつ少年。
誰にでも優しく、微笑みを絶やさない所が人気。
武術に長けている。

◇ラクス・クライン◇
ザフト国の伯爵令嬢であり、アスランの元婚約者。
しかし、カガリとの婚約が決まったことで破談。
桃色のふわふわとした髪に、薄いブルーの瞳をもつ。
小さい頃から歌が好きでとても上手く、歌手でもある。
アスランのことが小さい頃から好き。

◆イザーク・ジュール◆
アスランの右腕となって働くザフト騎士団団長。
銀の髪にアイスブルーの瞳をもつ美丈夫。
一見クールそうな容姿だが、色々と熱い少年である。
アスランに次いで女性に人気があり、いつも2番ということに少しコンプレックス有り。

◇ミーア・クライン◇
ラクスの妹で、姉とそっくりな容貌をしている。
性格は明るく、無邪気。
アスランに小さい頃から憧れを抱いている。
何でもできる姉を妬みつつも、美人で淑やかな姉を尊敬している。

◆ディアッカ・エルスマン◆
イザークの補佐を務める副団長。
金髪の髪に浅黒い肌をしている。
性格は少々軽いが有能で、アスランとイザークからの信頼は厚い。
自他共々認めている極度の女好きでもある。

◇ミリアリア・ハウ◇
カガリの1番のお気に入りの侍女。一応貴族。
朗らかで明るく、みんなから頼りにされている。
年が近いことから、カガリととても仲が良い。
ディアッカに気に入られている。

◆フレイ・アルスター◆
カガリの小さい頃からの友達で、伯爵令嬢。
父親に溺愛され育ったため少し我侭なところもあるが、
優しく、強く、気高い少女。
赤く燃えるような髪に、ブルーの瞳。
とびっきりの美人でスタイル抜群、求婚の声が絶えないことが最近の悩み。

◇アサギ・マユラ・ジュリ◇
ミリアリアの部下で、まるで侍女とは思えない位カガリと仲が良い。
いつもカガリをからかって遊んでいる。
が、3人共カガリのために一生懸命、精一杯働いている。

『暁の雫』連載再開にあたって

2006/12/23 12:39
この度、閉鎖をするにあたり『暁の雫』の連載をストップしようとも1度は思いましたが、
なんと続きが見たいと仰って下さる優しい方々がいらっしゃいまして・・!
結果、そのご好意に甘えさせて頂き、続きを書くことに致しました。

ので、これから一日一話ずつくらいのペースで登場人物設定から今まで書いてきた5話までブログにのせたいと思います。
これまで携帯から来て下さっていた方々やパソコンで見る方にとっても大変見づらいとは思いますが、そこはどうぞ勘弁してやって下さい(汗)
よろしくお願い致します~!



では、今日は登場人物説明&1話+2話の前編までupしたいと思います!

今みんなに回っているらしいバトン

2006/12/22 17:30
うぐいすさんから随分前に回っていたバトンにやっとこさ手をつけます!(宣言)




「今みんなに回ってるらしいバトン」

●ルール●
1.回ってきた質問の最後に、”自分の考えた質問を足して”下さい (自分も回答すること)
2.終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください
3.まとまりのないエンドレスバトンなので"どんな質問を加えてもOK"デス
4.バトンのタイトルを変えないこと!
5.ルールは必ず掲載しておいて下さい

1:そんな6人にバトンを回す。(回す人を先に書いておく)

ごめんなさいまわせません(最初から諦めてるよこのヒト!!(゜■゜;)

2:お名前は?

くまです。苗字は・・森のです!(今決めた)

3:おいくつですか?

えーとーぉーだいたい日本語を喋れる年です(ぇ

4:ご職業は?

勉学を少々ながら致しております。

5:ご趣味は?

ネットサーフィンです。(←なんかこう言ったらかっこよくなっちゃったYO・・!)
あと漫画読んだり、サッカーとかランニングとか読書とか映画鑑賞とか専らしてます。
インドアなんだかアウトドアだかいまいち分かんないヒトです。

6:好きな異性のタイプは?

んーと・・とりあえず空気が読める人がいいかな?
あと何かスポーツやってる人!

7:特技は?

サッカー!とか言いたい。(願望かよ)

8:何か資格を持っていますか?

英検準2級くらいかなー?

9:悩み何かありますか?

パソコンが壊れたこととか荒らし騒ぎがあったこととか。
新年が来る前には直っててほしいなぁ・・MYパソコン(涙)

10:お好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
好き:シーフードドリア、クリームブリュレ
嫌い:だいたい肉全般。でもハンバーグとかロールキャベツとか豚カツとか好きでよく食べてます。(マテ

11:好きな人はいますか?

いいいいいいいません!(ぇ

12:貴方が愛する人へ一言

いつもおいしいご飯をありがとうーーー!!!!!!

13:回す人6人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

すみません;;回せなくて・・・・(滝汗)←まさか後半こんな質問があるとは思ってもいなかった人

14:今の恋愛を一言で言うと?

アスラン。(は?)

15:今まで年上と付き合ったことある?

ないっす!(´З`)

16:この気持ちだけは負けない!っての、何かありますか?

アスラン!(なんかこの頃SEEDから離れてる気がするけど)

17:あなたは一人旅に出る決心をしました。まず何をしますか?

金の用意!(わぁお!現実的!(゜ω゜)

18:あなたは本気で酔った時どうなりますか?

えーっと想像ですが・・絡む?(親父かお前は)

19:好きなお笑い芸人は??

アンジャッシュさんとか前好きでしたよ。今はあんまり出ませんけど・・(´Å`;)

20:あなたを動物で例えるなら?

んーうさぎ!妹によく言われます。

21:矢原さんのいいところは?

なんと言ってもあの眼鏡!あの眼鏡は矢原さんしか似合わないと断言できるくらいで・・・(誰なのか知らんけど)

22:最後の発信履歴はだーれ???

元陸上部の同級生Tさん!(誰だ)

23:今までで一番嬉しかったプレゼントは???

お菓子。(小学生か)

24:最後の着信履歴はだーれ???

元陸上・・(省略)なTさん!

25:ほら!あの秘密ばらしちゃいなよw

な、何をですか!!!(汗)

26:カラオケでよく歌う歌は???

残酷な天使のテーゼ。あれ歌うとかなりすっきりします!(゜З゜)♪

27:萌のツボは?

アスラン。←これにすべてが詰まってると思います。(これって言うなこれって)

28:生まれ変わっても、同じ性でいたい?

いたい!何かと大変だけど、やっぱり女っていいと思うので。

29:すね毛が生えていますか?

この世には知らないほうが幸せなこともあるのですよ(にっこり)

30:一時間前はなにしてた?

授業受けてました。

31:恋をするとどぅなりますか?

暴れたくなる。(ぇ)

32:今日何回トイレに行った?

1回?(なんではてな?)

33:絶対これだけはしない!というものは?

荒らし。身にしみてつらさが分かったので^^;
皆さんも気を付けて下さいね!

34:歌うことについてどう思う?

これがないと生きていけないと思う。

35:なんのシャンプー使ってる?

いちのか?とかそんなんだった気が・・(曖昧)

36:今流行の無駄な小文字(例:ぁしたゎがっこぅだょ)どう?

ちょくちょくなら使ってもいんじゃないかなー?使いすぎると読みにくいことこの上ないけれど。

37:アナタは大人ですか、子供ですか?

中身は子供!頭脳は子供!(マテ

38:部活何やってましたか?

陸上とサッカーと駅伝とバスケを少々・・(色々やりすぎです)

39:テレビの大きさはどれくらいですか?

こーんくらいです!(?)

40:犬派?猫派?

どちらかというと犬派。ダックスがすきv

41:昨日の睡眠時間は?

9時間!8時から5時まで寝ました。(小学生か)

42:もし過去か未来に行けるなら、いつ・どこに・何をしに行きたい?

中学生の春に戻ってなにもかもやり直したい。(答えになってn・・!汗)

43:今は?

ん?

44:今までの人生の中で、1番古い記憶は?

保育園でセーラームーンごっこしてたことかな。(中途半端に古っ!)

45:今はまっているものは?

アスラン!石田さん!ホスト部!コードギアス!




ふうぃ・・(←?)やっと終わった・・!
回してくれたうぐいすさんサンクス!


そして②以下は私信です。

うぐいすさんへ
[今みんなに回っているらしいバトン]の続きを読む

ご無沙汰です!

2006/12/21 17:21
ご無沙汰してましたーくまです!

いや~本当にお久しぶりですね!(´∀`)
荒らしのショックで日記も書けなくなったのー?とうぐいすさんに聞かれましたが・・違います!
理由はあれです。うちのパソが壊れたんです。(またか)
しかも今回はインターネットに繋げないじゃなくて『パソコン自体がつかない』んですYOー(涙)
困りました、本当。

しかも今母が転職したてでかなり忙しそうなので「パソコン修理に出しておいて!」となかなか言いにくく・・(汗)
そうこうしているうちにずるずるとしてしまい。気がついたらもう年末?(゜∀゜)みたいな。

だからもう少しの間更新が安定しませんが、とりあえず私は元気です。
色々落ち込んだりもしましたが、色々学べたといえば学べましたしね。
パスワードはもうちょっと工夫して設定すべきだ!とか。(当たり前です)
荒らしは血祭り!という撫子さんのSな願望とk・・(殴)

何より今まで名前も知らなかったお客様が励まして下さったことが一番の収穫でした。
Pさん、Aさん、本当にありがとうございました!
お二方のメールにはかなり救われました。


拍手のほうも結構な数をして頂いてるようで・・!
本当にありがとうございます。と・いうかこれしかいえないですみません。(笑)
また『暁の雫』のほうも第1話から順次upしていくので、もう少しお待ち下さいませ。



それでは今日はこれで!
また明日~!

stage6 奪われた 仮面

2006/12/12 23:47
今コードギアスの6話見ているのですが、ルルーシュ・・・なんてあほなんだ!!!爆笑
「猫のせいでばれてたまるか!」って確かにね!
こんなことでばれたら末代までの恥だわ♪(´∀`)笑

というかスザク健気だなぁ・・(´Å`;)(ホロリ・・
いじめられてもなおもくもくと一人で生きてる姿が素敵。
なんというかいい子②したくなるかわいさですね!笑
そしてルルーシュ…かわいすぎる~~(´ε`)vv(←きもいですくまさん)
そして「この…体力馬鹿がっ!」ってあんた・・!笑 息切れしながら一生懸命スザクを追うルルーシュには爆笑でした。 

本当、改めていいと思いました。黒いんだけど、めちゃくちゃ策略家なんだけども・・!
やっぱりどこか『あほ』が滲み出ているというこの主人公(笑)
最終的には家族と友達を何よりも大切に思ってるってとこもいいなぁ。
頭はいいのに体力皆無なところもv(笑)


あとナナリーがかわいかったです~vv
純粋すぎるくらい純粋なところがGOOD(´∀`)☆
シャーリーもカレンも、相変わらずどっかずれてるCCもかわいかったなぁvv
それぞれ全然タイプは違うんだけど、いい味を出していると思います。
ルルーシュは女性キャラがみんなかわいくって面白いところもポイントの1つですね!





というかですね、この回で何より言いたいことは…

オレンジ最高! ってことなのですよ(笑)

Don't you want me?

2006/12/12 15:35
エウレカのタイトルで素敵だなぁと思ったので使ってみました。↑
訳すと「あなたは、私が欲しくありませんか?」
どんどん緑色の光に侵食されていく腕を見て自分は
レントンとは、人間とは違う生き物だということを認識するエウレカ…
という話で使われていたのですが、それにしてもこれは本当に感動したなぁ・・!




今ホスト部見ながらこれを書いているのですが…殿・・アホだ!(笑)
そして愛しい(´∀`)vv
ホスト部は本当、愛すべきあほが多くて困ります。笑
時々笑い死にしそうになる・・!!

というか声優さんが上手い方ばっかり!
宮野さんはナイスですね!声は色っぽいんだけどギャグになるとまた違った良さがあってv
というかこの方はもうリアクション王だと思います。
漫画で殿見てるとうざいところがよく浮き彫りになっていると思うのですが(←ひでぇ!(゜Д゜;)笑(こう言えるのは愛故ですよ!?)
アニメだとどんな場面でも格好よく見えてしまうのだから不思議~
やっぱりこれは宮野さんの声(というか演技)がいいからなんだろうなぁ・・(´∀`)

あと双子!特に鈴村さんがやっぱり上手い!
笑うときとかかなりリアルでしょっちゅう感心しまくっています。
華やかな声ではないとは思うのですが、なぜか強く惹きつけられてしまうんだよなぁ・・♪



…ってあれ?私はバトンに答えるはずだったのにいつの間にかホスト部話に!!(゜Д゜;)
ってことで洸錬さんから舞い戻ってきたバトンに答えさせて頂きまーす!

【あいつバトン】



†あいつの名前を教えて下さい

洸錬さんでっす!(´ε`)v(何のノリだ)


†ぶっちゃけあいつとはどういう関係?

色々語る関係。
主にアスランとエロ魔人の悪行、シンの哀れさについて。(笑)

あと実は小学校から一緒の関係だよね!(゜∀゜)



†あいつを色で例えると?

んー白とかピンクとか黒とか!(バ・ラ・バ・ラやん!!(`Д´;)



†あいつを四字熟語で例えると?

挙一明三(こいちみょうさん)

意味は、「一」を挙げて示せば、ただちに「三」を理解すること。非常に賢くて理解の早いたとえ。

私が自分でも何言ってるのかわからないキラ批判を頷いて最後まで辛抱強く聴いてくれるところにいっつも感動しております(゜∀゜)
本当にいつもありがとう!(笑)


†あいつの嫌な所、1つ教えて下さい


NOTHINGです!皆無です!
全部好きです!(宣言すなっ!)


†あいつに歌わせたい歌は?

歩毛モン(変換なしでうったらこうなった)ポケモンとか!笑
あとファンタジックチルドレンの水のまどろみ!あれはいい歌だよね~
思い出すだけで泣けてくるわっ(>Å<;)


†あいつと遊びに行くなら何処?

うんうん!メイト行きたいメイト!(←行ったことない人)
ガンダムっていうかアス受けオンリー行きたi・・!(黙れ)


†あいつと一日入れ替わったら、何をする?

演劇部1日体験したいでーす!
あと洸錬さんからは考えられない台詞を言ってみんなを驚かしたい!笑


†この場を借りて、あいつに言いたいことがあれば

ルルーシュいいよね!シンアスいいよね!とかげも最高だよね!(マテ
来年はぜひ同じクラスになって思う存分語り合いたいです♪(´∀`)


†次に回す人

アンカー突っ走ります!


めくるめく甘い陶酔のとき

2006/12/10 16:40
わーわー!ブログだぁー!(゜∀゜)(子供かあんたは)


こちらでは初めまして。くまです。
今日から思い切ってブログに変えてみました。
なんか妙に恥ずかしい気持ちがするのですが・・!(´ε`●)笑
前のフォレスト様の日記は間違えてしまったりすると修正できなくて丸一日中恥を晒さなければさらない時とかあったりしたので、変えたってのが正直な理由です。それって自分のせいじゃあ・・
(というか『エロ魔人』と打とうとすると『エロは使用できません』ってでてくるのが最大の理由かも・・(´∀`)っていうのは内緒の話


それはともかく、今日は受験生の妹と一時間だけカラオケに行ってきました。
んで、勇侠青春謳を歌ったのですが・・凄かったです。何って映像が。
なんか女性がですねー腕を真上に縄で縛られてて(・・これってSMデスカ(゜∀゜)?)そのまん前で男たち2人が剣で戦っているというめちゃくちゃな映像。

なんか、色々居た堪れなかったです(笑)

あとは「ぼくはくま」歌いました。(´∀`)
でもどうしてもこれを歌っていると噴出すんですよねー
そうだよ!私はくまだよ!ライバルがエビフライで悪いか――!!!(`Д´)といいたくなります。(待ちなさい!(゜Д゜;)

んでその後。妹は本屋へ行くというので、1人で帰っていると…向こうからミニスカ2人組みの姿が。
寒いのにご苦労なことだわ・・(´∀`)とか思いながら通り過ぎようとしたら…

友人「●●ちゃんだ!」

くま「…(´∀`)→えぇ!?(゜Д゜;)∑」

よく見ればそれは中学校の同級生でした。(ゲフッ;

よりによってメイクも何もしてない状態で(まぁ普段からしてないけど)服も気合も何もないカジュアルなこんな時に!(´ε`;)

これは・・ホントに偶然ですかー(´∀`)?笑

まぁちょっと話して普通に家に帰りましたが。
それにしても久しぶりに会った友人Cは物凄くお化粧が濃かったです(笑)
でもいつもどおりのテンションで少し安心しちゃったり。


何はともあれ、今日はたくさん遊んだな。勉強しないとな・・(´∀`)笑
では今日はこの辺で!また夜くるかもです。



拍手、ありがとうございました!
何もしてないのにありがとうございます~~(>▲<;)
こちらも頑張ります!




この先は更新情報です。↓
[めくるめく甘い陶酔のとき]の続きを読む
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。