スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタ 5月号 おお振り感想【前半】

2008/03/25 18:50
おお振り単行本10巻、5月下旬発売ですか!うあ~~結構早くて嬉しい!!!(興奮
崎玉戦早く見たいなー!そして2美丞戦前半の阿部が気になりすぎる・・!
次の表紙は誰なのかなー?そっちのほうも楽しみです(゚∀゚*)v

ではではさっそくアフタ感想にいきたいと思います。
ネタバレてんこもりなので、まだ見てない方は注意して下さいね。
ではおkな方は下↓からどぞ!
試合後、インタビューを受ける花井と田島。
・・ってかここに田島がでてくるのかっ!笑
三橋じゃないんですねー(笑)まぁたしかに今の三橋にインタビューは無理そうだけれども^^;

「必死さが足りない」
そこにはっきり気づけた田島さまはやっぱり大きいよなぁ。
そして花井がなんか情けなさすぎる(笑)や、かわいいんだけれども(笑)
でも確かに必死さが足りないっていうのはあるのかもしれませんね。
まだ1年生だから、負けてもみんな次があるから、ってどうしても思ってしまうんだろうなぁー(;´∀`)
でも他のチームには大概絶対3年生がいる。
最後の夏大っていうのと1年だけの西浦じゃ意気込みが違ってくるのは仕方のないことなのかもしれないけど、本気で上にいくつもりならそんな甘いことはいってられない、ってことでしょうか。
まぁその分「ここで勝たなきゃ先輩は終わっちゃう・・!」みたいな変なプレッシャーがかからなかったからこそ桐青に勝てたのかもしれませんが。
それで準太は固くなってましたもんね。


花井にバチーーン!ってされる田島がかわいい(笑)
ぶたれなれてるのかwwwww
あー和むなぁ、この2人( ´∀`)v


所変わって和さんが岳史にカマかけて確かめようとします。
ここで和さんが笑顔でさらっと「スタンドからのサインは禁止だって知ってますよね?」
って言うんですが、私だったらここでごめんなさいって土下座したくなるくらい怖い^^
なんていうかこの笑顔が怖いんですよね。やっぱり和さんはブラック!(ぇ
てな変な冗談はおいといて(ぇ
岳史はほんとはいい子なんですよね・・。忠告をここまでまっ正面から受け止められる人もなかなかいないと思う。
だからこそこんな子に一生の重荷をおわせた呂佳さんが許せない。

でもねーここでやめます!っていった岳史を最初は信じられなかったんですよね、私。
最後まで読んだ今となってはそんなこと口が裂けても言えないけれど。


和さんの「これ以上は知るか」ってセリフで和さんも普通の高校生なんだよなぁ、ってなんか思ってしまいました。
そらできた人だけどやっぱり誰もが普通は自分のことでいっぱいいっぱいなんですよね。

「家族のなぐさめも、がんばる後輩も、ズリーことして勝とうとする呂佳さんも、全部気持ちわりィ」

なんていうか・・凄く和さんの気持ちが理解できるような気がしました。
なにもかもが気持ち悪いときってありますもんね。
ただ和さんはへたれなんかじゃ絶対ない。それだけ、みんなでやったあの野球が好きだったってことですよね。
和さんはかっこいいよ!やっぱり大好きです!!

おーしんごさんと山さんひっさしぶりにでてきたー!
2人は桐青の練習にでてるんですね。本当の気持ちなんて分からないけど、とりあえず楽しそうに野球やってるようでよかった!

岳史とその両親と呂佳さんで車で病院に行く途中、岳史のお父さんが呂佳さんにつっかかります。
つーか・・練習試合合わせて半年で3回も対戦相手怪我させたの?!!もう最悪だな。(←容赦ねええ!!!!Σ(゚Д゚;)ガーン
そりゃあ相手の選手はたまったもんじゃないわ・・・かわいそうすぎる。
そしてまたかわいそうなのが岳史だよ・・!こんなことして勝っても傷つかないわけないのに。
でもその怪我した選手、復帰できてよかったねえ・・!まぁそれを呂佳さんが言えた口じゃないと思うんですが。
でもそれを知ってるってことは呂佳さん、ほんとは気にしてるんじゃないの?


スタメンにつられて、呂佳さんの言いなりになっていた岳史。
「もうやめます。」
そう言うだけでもびびってるのに、後輩にやらせるのもやめてくださいって頑張って言う岳史が好きだ。
あああもうこんないい子に何やらせてんの!呂佳あああ!!!(おちつけ
チーム全員が感謝してる、っていうけど、それはただ勝ったからじゃなく自分が汚れ仕事しなくてもいいから、って感謝してるところもあるんじゃないの。
そんな感謝誰がいるんだよ!!

それでもここまで言っても「言いたきゃどーぞ。それであのバカが何しても知んねーけど」という呂佳さん。
それって「お前がそれを監督に言ったらお前のせいで棄権、なんてこともありえるんだぞ」っていう脅しってことですよね。

「負けるくらいなら おれがお前なら 相手の選手ぶっつぶしてやっけど」

呂佳さんがやりたいなら1人でやればいい。でもそれを人に押し付けるなんてもってのほかだし、
そんな人とチーム組みたいって普通の人なら思わない。
そこまでしてもどうしても勝ちたいって思うのなら、自分1人ですればいい。
他の人を巻き込まないで勝手にやればいい。
でも1人で野球なんて一生できやしない。そんなもん野球にならない。


「オレは野球が好きです。
でも、もう一生ボールに触りません。
オ、オレに免じて下のやつには や、やらせないで・・・」

必死につっかえっつかえなんとか呂佳さんに分かってもらおうとする岳史が愛しくって愛しくって仕方ない。
ああもう・・・なんで美丞にはいっちゃったんだろう。
甲子園にいかなくたって、ベスト8に入れなくったって、ただ後ろめたいことなんて全くなしに野球ができれば、いい3年間だったってきっと振り返ることだってできたはずだったのに。
きっと悔いる気持ちは一生残る。


それでも、ここまで言っても呂佳さんには届きません。

「なんだそれ、お前に そんな価値・・」

ぽかん、とした顔で言ってますがほんとお前どんだけあほ・・?(コラ!
お前こそコーチとしての価値ないわどあほ!!!!!
あーもうこんなバカだとは思わなかった・・
確かに呂佳さんにもつらい過去があるって分かっています。
それでもこれはないわ。。(溜息
なんていうか・・これは本当に滝井、さんでしたっけ?言ったほうがいいんじゃないかなぁ・・。
この2人で話し合わない限りどうにも呂佳さんのあほっぷりは改善されない気がするわ・・(´Å`;)



あ~~やばい!気持ちをそのまんま書いていたらこんな長文に・・!(ヒィ
しかもこのあと阿部の怪我の具合の感想を書いていたらきっとさらにものすんごい長文になることが予想される(笑)
ちょ、これは長すぎるのでそんな予定はなかったんですが、ここで一旦前半としますねー!
後半感想は明日にでもうpしたいと思います。
とりあえず、阿部が一応は元気そうでよかった!(そこかよ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



No subject

通りがかりの方へ

あああ・・!そうだったんですかー!
確かに冷静に考えればそうですよね^^;(苦笑)
ありえないですよね・・!
ああああ恥ずかしすぎる・・・!!!(ヒィ
記事のほうも直させて頂きますね。
ご指摘、ありがとうございました。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。