スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love Letter

2009/03/28 18:11
恋愛小説の短編集。

たしかこれは高校のときに読んだことがあったなぁ。

特に好きだったのは川端裕人のラブレターなんてもらわない人生。
ラストのセリフがなんかいい。

あと山崎マキコの音のない海はなんかとにかくさみしかったなぁ。
小さい頃から性的虐待をうけて、今の彼氏にも暴力をうけている主人公。
それでも愛することができるのは世界中で彼ひとり。
そう信じている彼女がただただ痛々しくて。

でもこういうつらい体験してる人たくさんいるんだろうなぁ・・・
なんとか乗り越えてほしいけど・・・こういう傷は一生残る。
消すことなんてできないから自分で向き合うしかないんだよね。
誰かとその傷を共有しなくていい。ただ消化してほしい。
こういうときに友達が最も必要だと思うなぁ。

桐生典子の竜が舞うときも悲しい話だったなぁ・・。
彼氏が突然の事故で無くなってしまう話。
あとで後悔してもどうすることもできないってこと、今しかできないことがたくさんあるってことを思い出させてくれる小説でした。
一日一日を大切に生きなきゃいけないよね。
人間なんていつ死ぬかわかんないんだから。

三浦しをんの永遠に完成しない二通の手紙もおもしろかった。
手紙で思いを伝えようとする良介がかわいくってかわいくって(笑)
ほのぼのする話でした。

こういう恋愛小説は純文学を読んでる途中退屈になったときの逃げ道として借りてくるんだけど、
いっつもこっちのほうをがーーーっと読んじゃうんだよなぁ(´・ω・`)

全然ダメじゃん私\(^o^)/

ちなみに今読んでるのはダニエル・キイスの眠り姫㊦
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。