スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

2009/09/30 17:41
第一回本屋大賞を受賞の小川洋子さんの作品。

サッカーの本好きの先輩から薦められて借りてきました。
私の友達もこれ読んで泣いた、数学が好きになったと聞き、読んでみました。
本にも飢えてたし(笑)

なんというか雨の日に一人で静かな部屋で読んでたんですが、まさにそういう雰囲気にぴったりなお話というか。
読んでてとってもしみじみと噛みしめるというか…あったかい気持ちになれる本。

昔交通事故にあってしまい、80分しか記憶がもたない数学者と家政婦とその子供の不思議な、でもどこか居心地のいい何気ない生活を描くという内容。

なんとも奇抜な設定。まず80分しか記憶がもたない博士にものすごく興味が湧きました。
アルジャーノンをなんとなく思い出すんですよね、この設定。

ジャケットには常にたくさんメモがはってあって歩くたびにかさこそ音をたてる。
食事の仕方は汚い。でもルートが見てると綺麗に食べる。
何より子供が大事。
人ごみに出るのが好きではない。

やさしいんだか、偏屈なんだか…よくわからないと思っていた博士がだんだんいとしくなってくる不思議。
ルートに対する接し方が好きすぎる。
ほんとこんなおじいちゃんいたらいいのに。


そんな不思議で少し悲しい生活の中でぴりっとするのが博士の義姉の存在。
作者のこの設定は本当にすごいと思う。
この義姉の存在があることでこの話がより面白くなってると思う。

最後の義姉のセリフは重みがあってずしんときた。
この人もいろいろ葛藤があるんだろうなぁ。

クッキーの底から写真を見つけた時なんてもう・・!
Nという文字がでてきた時点でああああ!と思った。

ここらへん詳しく書かれてはいないけど…想像するともだえる。
切ない。

そして結局話が進むにつれ記憶がもつ時間が少なくなっていってしまうんですが、
だんだんつらい結末に進んでいくのかなぁと思ったらそうでもない。
博士が病院にいってからもルートたちの訪問は続くし、野球だって一緒にする。
そしてふと物語が終わる。

無理に悲劇にもっていくこともなく、本当にこの人らしいラストだなぁと思いました。

この本を読んでいて何より思ったのは愛する人に忘れられることほど残酷なことはないなぁってこと。

でも実際読み終わって思うことは記憶より何よりその人といられるってことが大事なのかなって思った。
そして人にやさしい人でありたいと、そんなことを思った本でした。

この本を貸してくれた先輩に感謝です。


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。