スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話 足掻き 【中編2】

2007/02/02 17:58

「それで、フレイの聞きたいことってなんなんだ?」

真剣な表情でカガリはフレイの顔を見つめて問う。
すると、一度ちらりと言いにくそうな表情を見せた後、フレイは静かに口を開いた。

「キラのこと、カガリはどう思っているの?」

「キラ?」

予想外の人物の名がフレイの口から出たことにカガリは驚いて言った。

「そうよ。カガリにとってキラはどんな存在なの?」

再び真剣な表情で聞かれる。

「待ってくれフレイ!その話と私の婚約の話と一体どんな関係があるんだ?」

素っ頓狂なカガリの反応にフレイは小さく溜息を吐いて言う。

「はぁ…カガリ、あんたキラとカガリの関係についての噂、聞いたことがないの?」

「どういうことだ?」

心底不思議そうな顔で聞かれ、フレイの顔はますます顰められた。
「あんたって子は…」という台詞が滲み出る表情にカガリはなんだか申し訳ないような、反発したいような気分になった。

「な、なんだよっ!だいたい本人の前で堂々と噂する奴なんていないだろっ!」

「それにしたって…あんた、疎すぎるわよ。」

睨むようなフレイの目にカガリは一瞬怯む。しかし次の瞬間、フレイは諦めたように話を続けた。

「まぁいいわ。カガリがこういう関係に疎いのは周知の事実だし。
あのね、キラはいずれカガリと一緒に国を治めていく人の候補に一番近い人物だって噂されていたのよ。」

「…ってことは…何だ?」

「もうっ!一々反応が鈍いわねっ!つまりキラがカガリの婚約者の位置に一番近かったってことよ!」

知らなかった事実をいきなり突きつけられ、カガリの思考は一旦停止する。
しかし、フレイのヒステリックな声に無理やり引き戻される。

「ちょっとカガリ、聞いているの!?」

「え?あぁ…。でもお父様はそんなこと一度も私に言ったことはなかったぞ?他の皆だって…」

「そりゃあね、まだ正式には決まっていなかったけど…でも普通に考えたらキラが1番適切な人物じゃない。
宰相の息子っていう肩書きがある上頭もいいし、武術にも他の人より群を抜いているし。
何より経験があるもの。キラより国を治めていくに相応しい若い人物はいないわ。今のところ。」

「そ、そうなのか?」

「そうなのよ!全く…なんであんたは…」

そこまで言って、フレイはふと気付いた。

「ねぇ、カガリ。」

「なんだ?」

そ知らぬ顔をして言うカガリにフレイはどことなく冷たい、けれど花のように艶やかな笑みを浮かべて言った。

「あんた…私に嘘吐いているでしょう。」

その瞬間、カガリの身体がぴくりと傾くのをフレイが見逃すはずもなかった。

「カガリ、知っていたんでしょう?キラがあんたの婚約者になるだろうっていうこと。」

その問いにカガリはしばらく答えることができなかった。












2006.6.6.Tuesday 12:06
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。