スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋病

2007/04/22 16:17



「ぐちゃぐちゃに溶けてしまえばいいのに。」


「…え?」


情事の後の寝乱れたシーツの上で唐突にぽつりと零したカガリに
生暖かい空気の中、まどろんでいたアスランは一気に現実に戻されたようになる。
カガリの方をゆっくりと見遣ると、まるで決して捕らえる事のできない光を求めるかのように天井に真っ直ぐ片方の手を伸ばすカガリが見えた。

「アスランと私の身体、みんな溶け合って一緒になってしまえばいいのにな。そしたら…」

「そしたら?」

言いながら身体を寄せ、手を絡めてきたアスランにカガリは微笑みながら世界で一番素晴らしい提案を掲げるように言った。

「ずっと一緒にいられるのに。引き離そうとしてもできないんだ。」

「うん?」

「だって私たちは『ひとつ』だから。ひとつじゃないと生きていけないから。」

「いいな。それ。」

「いいだろ。」

そう言い合ってギュッと手を握る。
微かに汗ばんだ手のひらが心地いい。



「でもカガリ、」

「なんだ?」

「一緒になったらこういうことももうできないんだぞ?」

言いながら頬に口付けされて、カガリはそのくすぐったさに目を瞑る。
この白桃のような肌に触れられなくなるのはとても寂しい気がした。

「で、でも私は…キスよりアスランが傍に居てくれたほうが何倍もいい。」


動揺しながらもほんのりと頬を染め、一生懸命反論するカガリがたまらなく愛しくて。
アスランは少し眉を下げたまま、微かな笑いを浮かべながら言う。

「…それ、俺を生殺しにする気か?」


数秒の空白の後、ふふっと極上の笑みを浮かべたカガリは今まで見たことがないほど大人の『女』の顔をしていた。






ひとしきり笑って、その指を一本一本絡みなおして、再び2人は何も言わずその両の手を見つめ続けた。








ぐちゃぐちゃに、全部混ざり合ってしまえばいいのに。

どろどろに、何もかも溶けてしまえばいいのに。





そしたらもう、離れることなどできやしないのに。







2006年09月15日(Fri)22時12分
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、
くまさんの書かれるアスカガ小説好きなので、
本当に勝手で申し訳ありませんが、
リンクはらさせて頂きました!
更新、楽しみにしていますね



こんばんわ~v

こんにちわ~みぅ様!くまです(゜∪゜●)

リンク貼って下さったのですかっ!?Σ(゜□゜)
わ~vvすっごく嬉しいです!ありがとうございます!
それで図々しくて申し訳ないのですが、よかったら私もリンクをはらせていただけないでしょうか??
ぜひぜひお願い致しますっ!

では②…お返事お待ちしております~(´∀`)∩



はい、もちろんオーケーです><!
こちらこそ逆に宜しくお願いしますです~♪



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。